フリーランスエンジニアの収入とデメリット

社会の在り方は時代によって変わってきて、そのことは働き方にも影響を及ぼします。これまでは大企業に就職して、そのまま定年まで勤め上げるのが幸せだと思われていました。大きな波のない安定した生活を送ること、これは今でも同じように考えている人が多くなっています。
しかしながら、最近は世界的に情勢が物騒となってきて、大企業でも倒産することもあれば業績悪化でリストラされることもあり、安定しているとはいえなくなっているでしょう。そして最近は一部の技術分野においては、会社で勤めているよりもフリーランスや個人事業主として独立した方が収入アップの可能性が高くなる場合があります。特に、エンジニア系は確かなスキルを持っていれば、自分のペースでいくらでも仕事ができるので、方法次第によっては収入を増やすことも可能です。
ただし、フリーランスエンジニアというのはデメリットもあり、勤め人の場合は仕事は基本的に会社がとってくる、拘束時間に対して給料が支払われます。しかし、フリーランスになると仕事は自ら取ってくる必要が出てきて、どれほど技術を持っている・能力が高い優秀な人間でも、行う仕事がなければ収入になりません。
他にも、会社という後ろ盾がなくなること、契約から税金関係の申告計算といった雑務を行わなければいけなくなります。収入アップの可能性がありますが、デメリットの部分も考えて選択することが必要で、総合的に考えることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です