リスクやデメリットを考慮する

フリーランスエンジニアには、雇用されている時とは違った魅力的な働き方ができる反面、今までになかったリスクやデメリットが数多くある事を認識する必要があります。第一に「安定した給与所得が無くなる」という点です。雇用されている時は月々決まった給与を得る事が出来ましたが、フリーになると当然それは無くなります。プロジェクトの終了や契約期間が終了した途端に所得が0になる可能性は否定できません。
また、プロジェクトへの参加や期間雇用等の契約時に相手方の会社に見積書や契約書を作成する必要が出てきます。場合によっては契約内容に関する交渉も自身で行う場面も出てくることになり、エンジニアとしてのスキル以外に求められるものは増えてきます。雇用保険や福利厚生等も受けられなくなるので、事故や怪我で働けなくなった場合のリスクもあります。在宅で仕事をする人は、停電等のインフラトラブル時の対応も考えなくてはいけません。収支の管理や確定申告の必要性も出てきます。これは税理士に任せるという方法もありますが、費用もかかるので必要経費と言えどコストになります。
フリーランスエンジニアになると「プログラムのスキルがあれば良い!」とはいきません。仕事に関する膨大な雑務と、明日には収入がなくなるかもしれない不安と常に向き合う事になります。実際に、不安に勝てず独立を諦めた人もいます。自分の目指すスタイルとそれらのリスクやデメリットを考慮して、独立を目指すか否か考える必要があります。