山あり谷ありのフリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアとして働くことには多くのメリットがありますが、反面デメリットとなることもあります。例えば、仕事に取り組む時間は自由に決めることができますが、その反面抱える仕事によっては休みすら取れないことにもなります。フリーとして働くことは、有給休暇もないことから、病気などで休んでしまうと収入は確実に減ることになります。会社勤めとは異なり、保障がないのがデメリットとなるわけです。
そして、会社勤めをしていれば当たり前のように入る仕事が、フリーランスエンジニアとなれば自分が営業活動をして獲得しなければならなくなります。大きく稼ぐ可能性もある反面、安定した収入を得ることができるか不安を抱えることになるわけです。また、フリーランスに回る仕事というものは、通常の企業では割の合わない難しい案件が多くなります。時間がかかる割には、稼ぎにつながらないというわけです。もちろん、それをこなすための高いスキルを持っていれば別です。しかし、そのようなスキルをあらゆる方面で有するためには、それなりの努力とコストがかかります。先行投資として費用もそれなりに必要となります。
毎年確定申告で様々な経費計上をすることができますが、その作成も手間がかかるものです。特に年度末に向けて仕事が立て込んでいる時期に、確定申告で時間を取られるのは厳しいものがあります。そのようなデメリットがありながらもメリットを得られるのがフリーランスエンジニアというわけです。〔関連リンク:デメリットを乗り越えて-Happy Freelance Life-